1 [ WinWin倶楽部会員 ] HYPERMEDIA FINANCIAL SITE -高額所得者向け金融サイト- HYPERMEDIA FINANCE -高額所得者向け金融サイト-
高額所得者向け金融サイト・トップページ 特集 世界金融マップ、日本金融マップ 金融クラブ 金融コミュニティ リンク集 ハイパーショップフォーリッチメン
 ・ Members Club Top
 ・科学技術教育情報トップ
 ・科学技術教育情報1
 ・科学技術教育情報2
 ・科学技術教育情報3
 ・科学技術教育情報4
 ・sign-in
特別会員様向けのお子様の科学に関する好奇心を持ち、親子の科学に対する対話から明日のノーベル賞候補を
日本から更に輩出する為に以下のサイトを用意致しました。科学的視野に立つ有能な人材が将来育ちます様に。

▼太陽系の星々                        宇宙チャンネル  サイエンスアイ



▼地球と恒星の大きさ                                JAXA channel



▼宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅(英語)



▼宇宙の前に何があったか            宇宙が3次元で誕生する仕組み、解明へ 超弦理論

何もない空間(真空)は実はエネルギーで満ちていて、無と有の境を揺らぎで満ちていて(揺らいでるからこそエネルギーがある)そこから宇宙が生まれたとする仮説。 リサ・ランドール博士の理論も組み合わすと宇宙を取り囲んでるのはおそらく5D(5次元空間)である。
物凄く極小な世界の素粒子はいきなり存在が消えたり出現したりとおかしな世界が広がっている。
素粒子の揺らぎで5Dから4Dに行ったり4Dから5Dに戻ったりしているので、その運動こそが真空の揺らぎ。 LHCの実験で証明の必要有り。

空(漢訳)は原始仏教、無(漢語)は禅仏教での概念。全ての物事には他との関連性があり、孤立した存在ではありえない、という考え方。 虚無(そもそも存在という概念すらない)とは区別される。物理学で言う真空はこの意味での虚無ではない。 仏教では執着(原理主義)を戒める。聖書は全ての宗教とは真逆である。新しい発見は、執着からの解脱(原始仏教)、悟り(禅)に 相当する。インフレーション理論は、仏陀の前につながる無限の仏陀(先輩)がいるという仏教の考え方と似ている。 学問の道を歩む者・科学者の哲学として、学ぶべきことが多い。

この「無」にはエネルギーが存在しているから厳密に「無」ではないが、英語では「無」「有」以外に表現の方法がない為 このような言い回しになる。 佐藤博士の部屋には仏陀の像が置かれているが、仏陀によれば宇宙の始まり以前のその状態は「空」と表現されている。 「宇宙の始まりに何があったか。無でもない有でもない。空である」という表現。この「空」は人の観測手段では何もなく「無」に見えるが、 実際にはエネルギーが満ちている(あるいは揺らいでいる)状態。
仏陀によれば今日の地動説も2600年以前に看破していて、「日が沈み日が昇ると人は言うが、太陽はあそこに住していて動くことはない」と 不思議なことだが、確かに上の2つとも2600年以上も前にそう書かれている。 湯川博士が仏典の研究をしたのもある意味当然かもしれない。



▼[ScienceNews]超光速ニュートリノの波紋

肯定論:光の速さはすべての慣性系において299792458 m/s? (約秒速30万km)と観測される。つまり、ニュートリノが1秒間に299792458mより遠くまで進めば、光速より速いという事。 光速より速く進んだからと言って、時間が戻ると言う事は恐らくない。 自分から光速に近い速度で遠ざかっていく宇宙船の内部を「光」(電磁波)で観測した場合、時間がほとんど止まって「見える」という事から、光速を超えると時間が戻るなどという誤解が生じた。 アインシュタインは「因果律の破れ」(結果が原因に先立っておこる)事はあってはならないと主張したため、超光速粒子の存在を否定していた様だが、現代の量子力学では、不確定性原理 ΔE・Δt>h/2π(エネルギー揺らぎと時間揺らぎの積はプランク定数より小さくならない)の範囲で因果律が破られていることがほぼ信じられている。 EPR問題提起に続く、アインシュタインの敗北か?。 参考:EPR問題とその解決

否定論:光速を超えるとどうなるかという事は相対論では言っていない。 もし光速を超えると過去に逆行するとすれば、逆向きに超光速運動-しているように観測される。 とすれば、それが逆向きに超光速運動している事になるので、順方向に....、と繰り返し一貫しない。 光速を超えると過去にいけるという前提自体が間違っている。


▼ニュートリノ天体物理学(日本語版)

地球を貫いてしまう不思議な素粒子ニュートリノ。このニュートリノがビッグバンからの宇宙の創生の歴史を、紐解いて-くれるのかもしれない。 岐阜県神岡のカミオカンデの開設から、小柴昌俊東京大学名誉教授のノーベル物理学賞受賞までの経緯を解説。 とても美しく、夢の広がる-世界。


▼エレガントな宇宙(超ひも理論)第1回アインシュタインの見果てぬ夢

エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する

2003年製作・物理学者のブライアン・グリーンが超ひも理論について語り、11次元の世界で振動するごく小さいエネルギー のひもが宇宙にある全ての物質と力を生み出していると説く。


▼エレガントな宇宙(超ひも理論)第2回"ひも"の振動が万物をうむ

2003年製作・物理学者のブライアン・グリーンが超ひも理論について語り、11次元の世界で振動するごく小さいエネルギー のひもが宇宙にある全ての物質と力を生み出していると説く。


▼エレガントな宇宙(超ひも理論)第3回驚異の高次元空間

2003年製作・物理学者のブライアン・グリーンが超ひも理論について語り、11次元の世界で振動するごく小さいエネルギー のひもが宇宙にある全ての物質と力を生み出していると説く。


<お問い合わせ・お申込先>
株式会社ハイパーメディア WinWin倶楽部スペシャル会員係
〒190-0022 東京都立川市錦町2-6-22 鈴木ビル3F
E-mail:info@hypermedia.or.jp
TEL:042-522-6180 FAX:042-522-6994