PETとは「陽電子放出断層撮影法」と呼ばれ、従来の画像診断とまったく異なる性質を持つ。
X線やCT、MRIが組織や細胞の生理機能を診る。
ガン細胞は、ブドウ糖が大好物で、正常細胞の八倍も吸収する。そこで、ブドウ糖に微量の放射性を持たせた薬剤を合成し、静脈に注射する。 それが全身に行き渡った頃、スキャナー(PET機器)で全身を撮影すると、薬剤の集積度合いで、ガンの有無と所在がわかるという仕組だ。
一センチメートル前後の早期ガンまで画像で見分けられる優れもので 最大の特徴は、一度の検査で、 頸部から大腿部までを短時間にチェックできること。
従来のガン検診では、臓器や部位ごとに検査が必要だったが、PETは着衣のまま診察台に横たわるだけ。
苦痛や不快感もない。
この検査では、膀胱など一部の臓器を除き、一センチメートル前後の小さなガンから、リンパ節転移も判断できる。
通常、ガン細胞は一センチメートルになるまでに10年くらいかかり、そこから急速に拡大する。逆に、一センチメートルで発見できれば、治療率は90%以上に高まるといわれる。
またPET検診では、腫瘍が悪性か良性か、さらに悪性の度合いまで判別できるため、予防切除などのムダな手術をしなくてすむ。
では、PET検診を受けられる医療機関はどれくらいあるのか。
現在は全国で26ヵ所、今年開設予定を含めても39ヵ所にすぎず、多くが1〜2ヶ月待ちという人気。
リストは以下を参照していただきたい。


PET検診を受けられる医療機関リスト

札幌新世紀病院(北海道札幌市)
日鋼記念病院(北海道室蘭市)
北斗病院(北海道帯広市)
総合東北病院(宮城県岩沼市)
厚生仙台クリニック(宮城県仙台市)
脳神経疾患研究所付属総合
南東北病院
(福島県郡山市)
宇都宮セントラルクリニック[会員制](栃木県宇都宮市)
日立製作所 日立総合病院(茨城県日立市)
西台クリニック(東京都板橋区)
東京女子医科大学病院 (東京都新宿区)
国保 旭中央病院(千葉県旭市)
山王病院(千葉県千葉市)
ゆうあいクリニック新横浜
イメージングセンター
(神奈川県横浜市)
浜北PET検診センター(静岡県浜北市)
木沢記念病院 (岐阜県美濃加茂市)
名古屋放射線診断クリニック[会員制](愛知県名古屋市)
大雄会第一病院 (愛知県一宮市)
立川メディカルセンター(新潟県長岡市)
山中湖クリニック[会員制](山梨県南都留群)

甲府脳神経外科病院(山梨県甲府市)
相澤病院(長野県松本市)
高度先端医療サービス(長野県松本市)
金沢循環器病院(石川県金沢市)
福井県済生会病院(福井県福井市)
高井病院(奈良県天理市)
坂崎診療所PETセンター[会員制] (京都府京都市)
武田病院(京都府京都市)
西陣病院(京都府京都市)
先端医療センター(兵庫県神戸市)
岡山旭東病院(岡山県岡山市)
本城クリニック(山口県周南市)
福岡和白病院(福岡県福岡市)
久留米大学病院(福岡県久留米市)
古賀病院21(福岡県福岡市)
魚住クリニック(熊本県熊本市)
宮崎鶴田記念クリニック(宮崎県宮崎市)
藤元早鈴病院(宮崎県都城市)
厚地記念病院(鹿児島県鹿児島市)
豊見城中央病院 (沖縄県豊見城市)