高額所得者向け金融サイト・トップページ 特集 世界金融マップ、日本金融マップ 金融クラブ 金融コミュニティ リンク集 ハイパーショップフォーリッチメン
 ・Feature Top
 Part1.小が大を制する歴史教訓
 Part2.近未来社会はこうなる1
 Part2近未来社会はこうなる2.
 Part3.エイドスファンドの収益性
 Part4-1.GOOGLEの脅威1
 Part4-2.GOOGLEの脅威2
 Part5-1.未来型投資マンション
 Part5-2.その裏付けとは?
 Part6.震災原発の教訓と未来
 Part7.福島原発事故の本質
 Part8.震災復興ビジネス一覧
 Part9.日本の歴史のルーツ
 Part10.日本の歴史的分岐点
 Part11.日本の歴史的大敗北
 Part12.温故知新の発想から
 Part13.劇的価値変化の時代
 Part14.日本の未来企業一覧
 Part15.世界的に重要な思想
 Part16.経営論から世界を見る
 Part17.卓越国家や企業とは?
 Part18.スティーブ・ジョブス
 Part19.歴史上の真実とは?
 Part20.金融過去・現在・未来
 Part21.迫り来る危機回避の為に
 Part22.世界を変えるFacebook
 Part23.国内・海外の新天地
 Part24.新しいライフスタイル
 Part25.次の教育革命!?
 Part26.企業家のルーツ日米比較
 Part27.日本経営者の足りない点
 Part28.失敗の本質
Part20. 金融過去・現在・未来
金融の本質と正しい判断力の強化

                                              
金融の歴史の検証・現実・未来に起こる事            日本って実際どうなの?


日本の対外債務純資産現在世界一。一方、公務員:民間の給与格差も日本は2.3倍で世界平均1.5倍を大きく上回るこれまた世界一の国。 一方、野田総理は増税をしなければ国の財政が危ういと財務省から毎日言われ、国民をマスコミ等を使って洗脳し、増税やむなしの世論をつくって来たが 日本国民の「そのうちヒーローが現われてその誰かがやってくれるだろう」と他力本願に甘えた国民性をつき、現在に至っている訳である。

まさに、競争原理とノルマの期限、すなわち待った無しの危機感が霞ヶ関にある筈もなく、財務省が前述の世論を作り出して、これに反発しない 間抜けな国民だから大丈夫と密かに揶揄してきた今日であったが、世界経済の弱肉強食の資本主義競争原理や種族保存の本能金融体制がそれだけでは問屋が卸さないとTPP参加を強硬に日本に言い出して来ている昨今である。

今迄、対外債務純資産や国民の預貯金等の資産1400兆円、大企業を中心とした250兆円にものぼるアリといわれる民間を中心とした 内部留保が太って何もしないキリギリスを支えてきたが、それにも手を付けようとしており、 それもそろそろ限界の様である。                           参考:ネバダ・レポート

そこで世界の名だたる投資家・投機家達は過去・現在・未来において今迄どのように判断しどう予測してきたかを以下に検証してみたい。


1.証券史に残る10人の投資家/投機家                       投資格言DB  主な投資家

インターナショナルビジネスタイムズ誌調べ

ジョン・ポールソン 最近、SinoForest(中国の木材事業会社)という中国株で大損。
ジェシー・リバモア 人生で4度の破産。本を著作後「自分の人生は失敗だった」とピストル自殺。
ジョン・テンプルトン 逆張りで、長期投資が得意。その基本はベンジャミン・グレアムの割安株投資。
ジョージ・ソロス 2011年1月26日、投資活動から引退。7月26日、資金を全額年内に返還。
ポール・チューダー・ジョンソン 投資失敗原因を分析し、再発を防止で自ずと良い方向に向かうと主張。
アンドリュー・ホール シティのトレーダーだったが、自身でアステンベックキャピタルマネージメントを設立。
デイビッド・テッパー カーネギーメロン大ビジネススクールに5,500万ドルを寄付、テッパーに名前を変更。
ジム・チェイノス ショート専門。エンロンの崩壊を当てた彼が専門外の中国の崩壊も予言。
ジム・ロジャーズ 米経済破綻で米ドルは暴落すると主張。ドル建て資産の処分と人民元の将来性を表明。
ルイス・ベーコン 報酬ランキングで、ムーア・キャピタルのベーコン氏が11億ユーロ(約1385億円)で1位に。





2.3/21 株の神様-バフェット氏 地震は日本買いの機会 復興ビジネス一覧 未来企業一覧 好調企業一覧

右上の当社関連サイトを是非ご覧下さい。




3.7/27 ジムロジャース 米デフォルト茶番劇無視→米長期的問題→アジア時代  チャンスに変える投資術

無意味な格付けなんか無視して良いと主張。




4.8/8 ジムロジャース S&P米国格下げ 最終的には米国破産は避けられない。 米国デフォルト情報サイト

連邦住宅貸付抵当公社(フレディーマック)と連邦住宅金融金庫(ファニーメイ)も格下げ。




5.ジム・ロジャーズ 1929年世界大恐慌 ユーロ崩壊か世界大恐慌か@ ユーロ崩壊か世界大恐慌かA

最悪の時こそ、チャンス。大恐慌の時でさえ、膨大な資産を築いた人がいた。 日本経済復活の会(超党派
で数十名の国会議員も参加)





6.ジョージ・ソロス氏インタビュー 、リ ーマン破綻から2年         米ドルはもはや基軸通貨ではない

日本の回復には時間がかかると予測。




7.100人の 20世紀  ジョージ・ソロス                    ソロス氏「金は究極のバブル状態」

当社金投資情報サイトを是非ご覧下さい。





  2012年1月3日 HYPERMEDIA FINACIAL SITE






お問い合わせ 広告 ホーム
HYPERMEDIA
ハイパーメディア
ITビジネスマッチングサービス
ITS
ハイパショップフォーリッチマン
HyperShop for Richmen
ハイパーレディ
HYPER LADY
ハイパーショップ
HYPER SHOP
サイバーライフラインプロジェクト
Cyber Lifeline Project
ITS
IT技術者検索サービス

Copyright(c) 2011 Hypermedia Corporation.All rights reserved.Site developed by Hypermedia.