HOME
会員様の為のコンシェルジュ情報特別版4

                                               2012年1月現在


会員様向けコンシェルジュプログラムの中で今回特別に不思議な世界へご案内。
信じるか信じないかは貴方次第です。


あの偉大な発明王のエジソンが晩年にひそかに霊界通信機に開発に挑んでいたのをご存知だろうか?
それを実現したかもしれないと言うお話である。発明王エジソンの足跡を追う エジソンの「霊界通信機」

イギリスのスコールという田舎町に、昔からこの「霊界通信」を信じて研究して来ているグループがあるという。 そこでは、旧式の真空管ラジオを使い、その前に陣取って、ラジオに向って話しかけると、なんとそのラジオから声が聞こえる。

懐疑主義者の科学者たちが、どうして旧式ラジオから声が聞こえるのか、最新の科学技術を使って研究したというのである。 まずスイッチを切る。それでも声が聞こえる。真空管を外す。それでも声が聞こえる。声の声紋をとってみると、生前に残した テープの声紋と厳密に一致したという。研究した科学者たちまでもがこれには大慌てである。

テーブルに置いたニコンの一眼レフカメラにも映像が映る。自動接写である。テーブルに置いたカセットテープにも音声が記録される という。自動録音である。ビデオカメラにも写るという。

そんな「霊界通信」の研究をまとめたものが以下のものである。残念ながら英語のみである。




ある博士のウンモ星人とか言う研究において、霊界の世界はこの世界との重要なつながりを持つ事を発見したと言っている。 人間の脳の視床下部に極々微量のクリプトン原子があり、その世界と繋がっており、同様にDNAの周りにも微量のクリプトンが 結合していて、然るべき時期に然るべき進化を遂げられる様に最適な物が宇宙のその世界から伝達されるのだというのである。

科学的根拠はまったく無い為、証拠や証明は出来ないが、エジソンの夢見た「霊界通信機」が実現すれば、我々の人生の考え方 は根本的に変わる筈。





  2012年1月2日 HYPERMEDIA FINACIAL SITE